検索
メンバーズカード 銀座ソレイユ本店

カテゴリー

ログイン



お得なメールマガジン

メルマガ登録
モバイル

2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日


2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    



トールペイントtips トールペイントtips トールペイントtips トールペイントtips トールペイントtips

トールペイントtips トールペイントtips

トールペイントtips

ギャラリー掲示板

リンク

刺しゅうのお店

シルクスクリーンの使い方

コンテンツページ



 

インクパッド


> インクパッド > エンボス > 423-758 エンボスヒーター

前の商品

423-758 エンボスヒーター

次の商品

423-758 エンボスヒーター

注文品番 423-758
商品コードSF-758
JANコード4990212410949
会員価格2,700 円(税抜)  (税込2,916 円)
定価(一般価格)3,000円(税抜)
数量


お気に入りに追加する

友達にメールですすめる

商品についての問い合わせ




かどまる

エンボス加工にはエンボスヒーターが便利です。

エンボス用のヒーターです。スタンドを立てたまま通風口をふさがないように持ち、5〜8センチ離して熱風を当てて使用します。
レジンの気泡抜きやシュリンクプラ(プラバンクラフト)にもご使用いただけます。


【エンボス加工とは 】

乾きの遅いインクを使ってスタンプを捺し、エンボスパウダーをかけてエンボスヒーターやオーブントースターなどで加熱するとパウダーが溶けてつやが出てスタンプの柄が盛り上がります。
溶けたパウダーは耐水性になり、マーカーや水彩などで色を塗ることができます。
バーサマーク(ダズルを含む)とクリアパウダーでは紙の色や柄の見えるエンボス加工ができます。
※布へのエンボス加工はできません。インクジェット紙などインクの乾きの早い紙への加工も不向きです。
※ヘアドライヤーは温度が低く風量が強いため不向きです。

【エンボス加工の手順】
 
エンボス1

 .好織鵐廚鯑茲靴泙后
 不透明タイプのパウダーを使用する場合は390-50001 バーサマーク インクパッドや同色、または同系色のインクをご使用ください。
 透明タイプのパウダーの場合は、捺したインクの色がでますので、
 お好みに合わせてご使用ください。

 ▲好織鵐廚鯑茲靴燭蕕垢阿砲燭辰廚蠅離僖Ε澄爾鬚けます。
 少ないと綺麗につかないことがございます。
エンボス3
 M省なパウダーを二つ折りした紙に落とします。
 このとき、落ちきらないパウダーは細い筆などで落としてください。
エンボス4
 ぅ椒肇襪慮を開けてパウダーを戻します。
 このとき、ごみや ホコリが入らないようにします。
エンボス5
 ゥ┘鵐椒好辧璽拭爾鮖箸辰謄僖Ε澄爾鰺呂します。
 オーブントースターの場合はふたを開けたままピンセットで紙を持ち、 パウダーが溶けるまで加熱します。
 加熱しすぎると盛り上がらなくなる場合がございます。
 ※加工の際はやけどにご注意ください。

かどまる